TNK協同組合とは

TNK協同組合は2017年12月に秩父の小鹿野町に誕生しました。
設立以来、ベトナムやモンゴルを何度も往復して外国人技能実習生の受け入れ準備を重ねてきました。
2018年12月8日に成立した新たな入管法と共に外国人技能実習生の方と我々日本人がお互いに良かったと思える技能実習期間にしていくお手伝いをさせていただきたいと思っています。技能実習生達とお互いに言葉が100%理解できない事による誤解がなるべく起こらないように、またそれを実現できるスタッフを揃える事がどうしても必要でした。そして、今我々には信頼できる外国人を含むスタッフがいます。

事務所と研修所は西武秩父駅から車で30分ほどの自然豊かな小鹿野町にあります。外国人技能実習生達が初めての日本で数ヶ月生活し研修を受けるのがこの小鹿野町になります。ゆっくりと、ゆっくりと、日本の生活、日本の生活のリズム、日本の生活の規則に慣れてもらい、安心して実習の現場に入ってもらう。外国人技能実習生としての数年が終わって彼らが国に帰るとき、素晴らしい日本での経験と技能と、そしてなにより素晴らしい日本での想い出を持って帰ってもらう。

そんな経験をした外国人技能実習生の数が増えていき、日本と海外の国との結びつきがより強固になっていく事が我々TNK協同組合の望みでもあり設立した目的でもあります。技能実習生の受け入れに関して、なんでも結構です、是非お問い合わせください。

TNK協同組合
理事長 田中俊次